屋外の水道トラブル修理法

屋外の水のトラブルには、立水栓からの水漏れ、散水栓、屋外配管の水漏れなどがあります。立水栓の水道 修理は、簡単な水漏れであれば私たち素人にもすぐに直せますので、修理する手順を紹介します。また、散水栓についても構造を詳しく説明します。

■立水栓の水道の修理方法

まず、水が散水するのを防ぐため、地面に埋められている水の元栓を完全に閉めてから修理を開始しましょう。その後蛇口をひねり溜まっている水を抜いたら修理開始です。
多くの場合水漏れは口金と蛇口から起こりますので、口金をドライバーで外してから立水栓にはめ込まれている蛇口をぐるぐると反時計回りに回して外します。立水栓に開いた穴も歯ブラシできれいにしましょう。蛇口は同じものを使う場合、貼られているシートテープを外し蛇口を綺麗に磨いてからまた新しいシートテープを貼ったり、パッキンを新しくすれば修理完了です。

■散水栓の水道の修理方法

散水栓は、周りが土であることも多く水漏れに気づきにくい箇所です。そしてこの散水栓は造りが弱いものが多く水漏れしやすい部分でもあります。無理に外そうとすると、給水栓から外れ噴水のように水が噴き出します。散水栓のトラブルはプロに任せるのがいいでしょう。
日常から庭の花への水やりなどで散水栓からホースを伸ばして使っている方は、そのホースを乱暴に扱うと散水栓が曲がり水漏れに繋がることもあるので丁寧に扱ってください。

■まとめ
立水栓は接続部分からの水漏れであれば自分で直すことができます。でも立水栓自体が折れてしまったなど大掛かりな修理が必要な時はプロに依頼しましょう。何をするにもまずはかならず元栓を閉めますが、外はきれいではないので軍手をはめて作業してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ