いざという時安心、水道修理の方法を知ろう

いざという時安心、水道修理の方法を知ろう 水は、生活する上でなくてはならないものです。水を使用する場所も室内や屋外にたくさんあります。たとえば室内では、トイレ浴室、洗面台、キッチン、洗濯機、屋外では水栓柱や散水栓があります。水のトラブルも、何かが詰まって流れない、水が漏れて止まらない、水道が壊れたなど様々です。水道 修理が必要になった時、まず何をすればいいか、どういう業者に依頼すればいいか、水道の修理が遅れたらどんなことになるかなど詳しく紹介します。


■水のトラブルが起こったらやるべきこと

水漏れが起こったら、まずは元栓を閉めて、バケツを置くなどの措置をして被害の拡大を防ぎましょう。濡れている箇所があれば、床下や下の階への浸透を防ぐためしっかりと乾くまで拭きましょう。
水道の交換ぐらいであれば、私たちにも簡単にできます。配管などプロでないとできないもの以外は、自分で工具店に行きパーツを購入して挑戦してみる方法もあります。最初に部品をはずし、工具店に現物を持っていくと、購入するもののサイズも形もわかるのでスタッフの方からもアドバイスをもらいやすいです。
水の詰まりが起こったら、逆流の恐れがあるので無理に流さず詰まりを地道にかき出しましょう。トイレの詰まりならラバーカップ、洗面台の髪の毛の詰まりなら専用の髪の毛が絡みつく棒でとるとごっそり取れます。それでもダメなら、電話で業者に依頼をし、まずは見積もりを取ってください。そこで少しでも疑問があれば修理の依頼はやめておく方が賢明です。できれば、数社からの見積もりを比較してから決めるのがお勧めです。

■屋外の水漏れは特に気を付けよう
キッチンや洗面台、洗濯機から水漏れしていたら、部屋の中が水浸しになる前に急いでなんとかしなきゃ、と思う人がほとんどですが、常に濡れていてもかまわない屋外の水漏れは、落ち着いてからでいいかと後回しにしてしまうこともあります。ただ、その水漏れは水道代にはっきりと表れます。外であれば仕事をしている時に修理してくれる業者もありますので、見つけたらすぐに修理しましょう。
立水栓の場合、見た目は水漏れなどトラブルがないように見えても、車をぶつけて曲がってしまった時などは、立水栓の中がダメージを受けている場合もあるので念のため見てもらうといいでしょう。室内でも、発見が遅れると下の階への水漏れや床の腐食などどんどん被害が拡大し、床の交換までしなくてはいけなくなることもあります。水回りは定期的に確認するようにしましょう。

■悪徳業者に騙されないで

悪徳業者ははっきりといくらかかるという金額を言わず、修理箇所を見ながら不安を煽り言葉巧みにいろいろなところを修理させて高額な修理費用を請求しようとします。修理を頻繁に頼む人もいないので、何を信じたらいいかよくわからなくなり言われるままに金額を払ってしまうことが多く、被害も年々拡大しています。ただの水漏れでパッキンだけの交換でいいものを水道全部交換させられた、トイレまるごと買い替えさせられたなどです。
できれば、CMなどで宣伝しているところか、地元に根付いている安心安全な歴史ある水道工事屋で、最初に見積もりをして明確な金額を提示してくれる業者に依頼するのが安心でしょう。

■まとめ
土日や年末年始、時間帯によっては翌日までまたないといけない会社もありますが、24時間365日すぐに駆けつけてくれる業者もあります。トラブルになってからではなく、今から何かあった時に依頼する修理業者を何社か決めて番号をメモしておきましょう。またご近所さんから口コミを聞いておくのもいい方法です。地元に根付いた水道業者や全国規模の大手企業がありますが、どちらにしろ信用できる業者を探しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース